AGA治療の効果について

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれる事もある脱毛症の一種で、主に思春期以降の男性に発生します。ただし女性ならば全く無関係かと言えばそうではなく、女性の中にも同じ原因で脱毛症になる人もいらっしゃいます。

男性ホルモンが直接的に影響

そもそもAGAが発生する原因については、男性ホルモンが直接的に影響を与えていると言われています。一言に男性ホルモンと言っても一つの成分で出来ているわけではなく、複数の成分で全体を構成しています。

その構成成分の一つにジヒドロテストステロンという成分があり、これが脱毛に深く関わってくるのです。ジヒドロテストステロンには髪の毛の成長期間を短くする作用があるため、この成分が活発だとAGAになるリスクが高まるのです。ジヒドロテストステロン以外にも喫煙やストレスの蓄積等も、間接的に影響を及ぼすので注意が必要だと言えます。

放置を続けると脱毛範囲が拡大

AGAの代表的な症状としては、頭頂部や前髪の生え際から始まる脱毛がとてもよく知られています。しかもこの脱毛は少しずつ進行していくのが特徴なので、放置を続けると脱毛範囲が拡大する可能性があります。そのため少しでも脱毛の症状に気付いた場合には、出来るだけ速やかにクリニックを受診するのが望ましいです。

薬物療法と植毛等の施術

クリニックで行なわれる治療方法については主に、薬物療法と植毛等の施術を挙げる事が出来ます。前者の薬物療法では飲み薬や塗り薬が用いられる事が多く、男性ホルモンの働きを抑制する薬等が使われます。後者の施術とは自分の髪の毛等を脱毛部分に移植する植毛や、発毛効果を発揮する栄養を頭皮に注射する等が挙げられます。

これらの治療方法のうちどちらか片方を行なう事もあれば、両方を組み合わせて治療を行う事も少なくないです。

毛母細胞

AGAという脱毛症には一つの大きな特徴があるのですが、それは毛母細胞がダメになってしまうわけではないという点になります。毛母細胞とは髪の毛を作り育てる細胞の事なので、この細胞が生きていれば再び髪の毛が生えてくる確率は高まります。

ただ再び髪の毛が生えてくるようにするためには、より効果的な治療方法を続ける事が大切だと言えます。クリニックで行なわれる治療と合わせて、禁煙やストレスの解消等を心がける事で更に高い効果を期待する事が出来ます。

諦めずに治療を続ける

ちなみに治療開始からどのくらいで髪の毛が生えてくるのかについては、症状の重さ等によって異なるので一概には言えないです。数ヶ月程度で効果を実感する人もいれば、もっと長い期間を必要とする人も少なくないとされています。

ただ上記したように毛母細胞は生きているわけですから、諦めずに治療を続ける事でいずれは効果が出てくる可能性が高くなります。それぞれの人で合っている治療方法が異なる事もあるので、担当医師と相談して様々な方法を試す事も大切です。

ページの先頭へ