ストレスはAGAの大きな原因

最近耳にする機会が増えた男性型脱毛症(以下AGA)ですが、遺伝的な要因が大きいとこれまで言われてきました。 ところが、現代日本のストレス社会も、遺伝要因に勝るとも劣らないAGAの大きな要因である、と研究者が発言するようになってきました。 これは、薄毛や抜け毛が気になりだした方にとり、どのように理解したら良いのでしょうか。

頭皮の血行

そもそも、発毛や育毛にとって、頭皮の血行が良くないことは悪影響であることを理解する必要があります。 頭皮の毛細血管の血行が悪くなると、毛母細胞へ発毛や育毛のために必要な新鮮な酸素や、養分が十分に行き届かなくなります。

職場や家庭などのストレス

そして、職場や家庭などで恒常的に過大なストレスにさらされる環境にいると、交感神経が常に優位になってしまい、毛細血管の血流が妨げられてしまうのです。 これが原因での頭皮の血行不良により、発毛や育毛が阻害されることになり、結果的にAGAを招いてしまうことになります。

睡眠が十分に取れない状態

さらには、恒常的に過大なストレスを受ける環境は、円形脱毛症などの他の毛髪のトラブルを生じさせる原因にもなります。 また、過大なストレスは抑うつ状態を招きやすく、不眠の原因になりかねません。 この睡眠が十分に取れない状態も、長く続けば発毛や育毛に悪影響であると言われ、AGAを進行させるアクセルの役割を果たしてしまう可能性があります。

ホルモンバランス

なお、恒常的に過大なストレスを受けると、自律神経の働きがおかしくなりますので、ホルモン分泌のバランスを崩すことにもつながります。 このホルモンバランスが崩れている状態は、様々な体調不良の原因となり得ますが、男性ホルモン過多になれば、言わずもがなAGAを進行させます。

ストレスから逃げる

それゆえ、ストレスを極力翌日にまで持ち越さないこと、そして、恒常的に過大なストレスを受ける環境からは、可能な限り良い意味で逃げること、これらが大切になります。 例えば、会社帰りにアスレチックジムで運動して汗を流したり、趣味の教室に通ってみたりすることも有益です。

付き合いは逆効果

要は、自分に合った解消法を見付けて、日常生活に上手く組み込むのがカギです。 間違っても、会社の同僚や上長に誘われたから、という理由で興味もないことに付き合ったりしてしまえば、寧ろ逆効果と言えます。

自分の身体からの警告

それでも、解消できない状態であれば、転職や転業も選択肢に入ってきます。 過大なストレスが長期間継続することは、発毛や育毛に悪いことももちろん、免疫力が大きく下がりますので、様々な疾病に罹患するリスクが高まってしまいます。 あなたが不治の病になってしまっても、誰も代わってあげることはできないのです。 そのような意味では、AGAの進行は、このままだと大きな病を患うリスクがあるよ、という自分の身体からの警告なのかも知れません。

ページの先頭へ