AGAの特効薬フィナステリドについて

AGA(男性型脱毛症)の特効薬であるフィナステリド(錠剤名はプロペシア)には、男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻止する働きがあります。そもそもAGAの原因は、頭皮に存在する5αリダクターゼがテストステロンに作用して、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されることによって引き起こされます。つまり、ジヒドロテストステロンは、AGAの脱毛原因ホルモンということです。

AGAの予防効果

前述しましたように、フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制するように作用しますので、結果的に脱毛原因ホルモンDHTが生成されにくくなります。このメカニズムによって、フィナステリドにはAGAの予防効果を期待することができるというわけです。

毎日一定の時間に服用

フィナステリドは、1日に1錠を水かぬるま湯で服用します。食前でも食後でも飲む時間はいつでもかまわないのですが、毎日決まった時間に服用するということが需要なポイントとなります。毎日一定の時間に服用することによって、より安定した効果を期待することができます。1日の中で決めた同じ時間に服用することで、フィナステリドの有効成分が血中で安定した濃度をキープし続けることができるからです。

正常なヘアサイクル

髪に毛をはじめとして身体に生えてる毛には、ヘアサイクル(毛周期)が存在しています。正常なヘアサイクルであれば、太く長く健康な髪の毛が生えてきます。しかし、ジヒドロテストステロンが生成されてしまうとヘアサイクルは乱れて短縮してしまいます。その結果、毛根の細胞が十分に働かず、やせて細い髪の毛が生えて抜け落ちるようになり、次第に地肌が目立つようになります。

AGAは進行性

AGAの治療は、早ければ早いほど短い期間で改善することができます。薄毛が気になりだしてすぐに治療を行なえば、毛根が生き残っている可能性も高いので、フィナステリドを服用することで正常なヘアサイクルに戻すことも可能となります。AGAは進行性ですので、何も対策を施さなければどんどんと進行していきます。しかし、抜け毛がひどくなり始めてから5年以内であれば、正しい治療を施せば80%以上の人が再び髪の毛を生やすことができます。

6か月程度で効果を実感

AGA専門クリニックで治療を受ければ、早い人で3か月、一般的には6か月程度で効果を実感することができます。専門クリニックで処方される薬は、基本的にAGAの特効薬とされるフィナステリドと併せて、外用薬のミノキシジルのダブル処方となっています。フィナステリドを服用しながら、乱れたヘアサイクルが正常化されるまでには、数か月程度の期間を要するということを認識しておきましょう。

ページの先頭へ