AGA治療の効果と睡眠の関係

働き盛りの男性が悩んでいる問題の一つに、ハゲや薄毛があります。ハゲや薄毛になると年齢以上に老けて見られるばかりでなく、第一印象もあまり良くないと自ら思っている人が多いようです。そんな男性の中には熱心にAGA治療を受けている人も少なくありません。自宅で育毛剤を使うだけではあまり効果が出ないということで、専門のクリニックに通院して、よりAGA治療の効果を実感したいといった人も多いかと思います。

治療の効果が半減する

ところが普段から生活習慣が乱れていると、せっかくの治療も効果が半減する場合があります。特に生活リズムが不規則で就寝する時間が真夜中であったり、あるいは十分な睡眠時間や質の高い睡眠が取れない場合、発毛促進効果が減少してしまうといった臨床結果があります。また働き盛りの男性の場合は忙しいからというだけでなく、会社の仕事や人間関係、家庭に問題を抱えている人も少なくなく、それが原因で不眠症に悩んでいる人もいます。

食習慣の乱れや運動不足

一方、このような複雑な問題を抱えていなくても、働き盛りの年代になるとお付き合いの機会が増え、食習慣の乱れや運動不足などが原因でメタボになっている人も多く、それが原因で無呼吸症候群になって質の良い睡眠が十分に取れないといったケースもあります。ある程度一定の時間に睡眠が十分に取れていない状態だと、成長ホルモンの分泌が妨げられ抜け毛は通常のようにあっても発毛がそれに追いつかない状態になってしまいます。その結果、ハゲや薄毛になってしまうのです。

発毛力が最もアップするゴールデンタイム

ちなみに成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯は、午後10時から午前2時の間で、この時間帯に質の高い眠りについていることがとても重要なのです。つまり午後10時から午前2時の間が、発毛力が最もアップするゴールデンタイムなのです。AGA治療を行っているクリニックでは、普段の生活習慣や食習慣についての指導に力を入れているところも多く、特に頭皮環境に多大な影響を与える睡眠に関してのアドバイスに力を入れているところもあります。

ブルーライトを遮る眼鏡を使用

質の高い睡眠が取れるようにするためにはいろいろな方法がありますが、普段の生活習慣の乱れを正すことが一番大切です。例えば働き盛りの人は夜遅くまでパソコンでデータ処理をすることも多いですが、パソコンやスマホなどのブルーライトは眠りを妨げる原因になります。本来ならば眠る1時間前にはパソコンやスマホの使用を避けるべきですが、どうしても必要な場合はブルーライトを遮る眼鏡を使用するのが望ましいでしょう。

カフェインを摂る場合

また眠気覚ましにカフェインを摂る場合は、できれば就寝する5時間前からはカフェインを摂らないのが望ましいです。さらに食事も2時間前に済ませておくのが理想です。できることから始めれば、AGA治療の効果も徐々に上がります。

ページの先頭へ