AGAに関係する男性ホルモンについて

AGAとは男性型脱毛症のことであり、男性ホルモンが大きく影響しています。男性のはげの原因のほとんどがAGAであり、進行性となりますので何も対策を施さないままでいると、薄毛はかなりのスピードで進行してしまいます。

AGAの兆候として、やせて細い髪の毛が生えてくる軟毛化現象が現われ、抜け毛が増え始め、太くて強い髪の毛が育つ前に抜け落ちてしまいますので、最終的には産毛のような細い髪の毛だけになり、頭皮が目立つようになるというわけです。

男性ホルモンのひとつ「テストステロン」

AGAの原因は、5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンのひとつであるテストステロンに作用して、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化することが原因となります。変化する前のテストステロン自体には、脱毛を促進させる作用はありません。

5αリダクターゼ

そもそもテストステロンという男性ホルモンは、筋肉の量を増やしたり、性欲を増進させる作用があるホルモンです。人間の成長には不可欠なものであり、前述しましたように、直接的に脱毛を促進させる働きはありません。

ところが、頭皮に存在している5αリダクターゼという酵素と出会うことによって、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまい、正常なヘアサイクル(毛周期)を乱してしまいます。乱れたヘアサイクルでは、毛が十分に育つ前に抜け落ちるようになってしまうというのがAGAのメカニズムとなります。

アンドロゲンレセプター

脱毛原因物質ジヒドレテストステロン(DHT)が、正常なヘアサイクルを乱す詳細については、毛乳頭に存在している男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)にDHTが作用することによって、正常なヘアサイクルに異常をきたすようになります。このアンドロゲンレセプターの感受性には個人差があります。感受性が高い人ほどはげやすいということになります。

DHTの影響を受けやすい体質

アンドロゲンレセプターのみならず、頭皮に存在する5αリダクターゼの活性度にも個人差があります。5αリダクターゼの活性度が高い人ほど、脱毛原因物質DHTに作用する量が多くなりますので、はげやすいということになります。つまり、DHTの影響を受けやすい体質の人とそうでない体質の人が存在しており、AGAを発症しても薄毛の状態に個人差が生じるというわけです。

薄毛になりやすい体質が遺伝

はげは遺伝するといわれますが、5αリダクターゼとアンドロゲンレセプターの感受性の体質が遺伝することに起因しています。AGAが遺伝するのではなく、あくまでも薄毛になりやすい体質が遺伝するということです。遺伝が先天的な要因であり、食生活や生活習慣の乱れやストレスなどが後天的な要因となって、男性型脱毛症を発症してしまいます。

ページの先頭へ